農業経営支援センターについて

活動報告・PR

第17回西日本食品産業創造展
-農業経営支援センターの後援・企画講演・ブーツ出店-
会員 松崎 一海 <九州・沖縄ブロック長>

(社)中小企業診断協会の会員組織である「農業経営支援センター」では、日刊工業新聞社主催の当食品産業展の後援団体の一つとして、下記の通り農業経営の国際規格と云われる「GAP」に関する企画講演を主催します。GAPは、顧客から信頼される農業管理を行うために、生産現場における食品安全管理の国際的な規範と基準となるものです。現在、流通を変えると云う面から、スーパー、量販店、外食産業、直売所などの食の関連業者から強い関心が持たれてきています。農業経営のグローバルな動きを知るためにも振るってご参加下さい。

また、この期間中は、農業経営支援センター九州・沖縄ブロックでは、農業経営に関する相談ブーツも設けています。お気軽に声をかけて下さい。

1.第17回食品産業創造展開催期間

  • 期間:平成19年5月15日(火)~17日(木)
  • 開催時間:AM10:00~PM5:00
  • 開催場所:マリンメッセ福岡(福岡市)
  • 紹介H・P:http://www.nikkanseibu-eve.com/food/index.html

2.企画講演内容

  • 講演テーマ:「日本におけるGAPとその実践」
  • 講師:日本GAP協会理事長・農業経営コンサルティング㈱代表取締役 田上 隆一 氏
  • 開催日:5月17日(木)12:00~13:00
  • 開催場所:マリンメッセ セーミナー会場
  • 開催日:5月17日(木)12:00~13:00

また、この期間中は、農業関係では特に、「駅の道・生産者直売所モデルショップ」、および特集として農産品の「生産者、小、中規模加工向け特設コーナー」も設けています。