農業経営支援センターについて

活動報告・PR

<報告>  当会主催 「農林水産業と商工業・観光の
連携・融合化による地域振興」シンポ開催される

平成19年2月22日に長野市のホテル信濃路において、農業支援センター主催、(社)中小企業診断協会長野県支部、NPO法人「長野県地域支援センター」、信州ビジネス協同組合・・・共催の表記シンポジュームが開催された。内容は下記の通り。

1.基調講演 「地域資源を活かしたブランド形成への取り組み」

講師は支援センター副会長・滝澤恵一

2.パネルディスカション コーディネーターは支援センター甲信越ブロック長・飯森紀元

パネラーは講師と以下の報告者で構成。

  1. オープントレーサビリティーを活かした医食同源の旅   信州自然村代表  飯村 亀芳氏
  2. 本物志向の自然食レストランの展開    (株)ミールケア社長  関  幸博氏
  3. 地産地消を実践するパン事業のクラスター化 丸正製パン(株)社長 百瀬 靖夫氏

3人のパネラーはしっかりした理念を持ち、これを事業として実現しているので、非常に説得力があり好評。市町村職員、JA職員、普及員、農業者など80名が参加し、名刺交換を通じさまざまな仕事の打診もあった。