農業経営支援センターについて

活動報告・PR

「農業ISO専門部会」の御案内
農業ISO専門部会リーダー 藤井 春雄

私ども農業経営支援センターの「農業ISO専門部会」は、次ページのとおりの理念・方針と活動計画のもと、広く農業関係者のISO、GAP、HACCPなどの導入を支援して行く体制を整えております。ぜひ、導入を志す方はなんなりとご相談ください。農業各部門に適用できるよう、会員が分担し研究を進めております。

1、食の安心・安全で求められるもの

食の安心・安全への関心が、急速に高まって来ており、特に近年の大手食品メーカー不祥事、輸入食品の農薬汚染など、人類への生態系影響を含め、大きな社会問題となって来ています。かような中、安全な食品を提供するため、生産者から加工・流通業者に至るまで、あらゆる仕組みの見直しが実施されています。

特に農産物の安全では、ISOの農業版とも言えるJAP(適正農業規範)の普及が始まり、食の安心・安全のISO規格であるISO22000の第三者認証制度が、今年の5月から本格始動を開始しました。

これらの動きから、今後なお一層の食に関する仕組みの構築と教育、および法令遵守が求められますので、従来以上の真摯な対応が望まれます。

2、ISO22000やJGAPと各システムの関連

3.ISO22000;コンサルティング力向上 日程計画

日程計画表はこちらからご覧いただけます。PDF(27KB)

4.愛知「食の安全研究会」計画

1、2007/7~12月研究会プログラム

テーマ 会員担当者
7月



8月


9月


10月


11月

12月
①「食品産業クラスラー事業」についての報告会
②「集落営農;岐阜県研修」についての報告会
③ 各人担当テーマの進捗状況の報告

① 見学会(・豊明花き市場・大府「元気の里」)
② 食品衛生責任者研修についての勉強会

① 企業診断(無料又は愛知県の外部専門家派遣制度を利用)
(診断企業を8月末までに決定)

① 講演会・杉浦氏 ㈱鶏卵肉情報センター会長:HACCP動向 ・森山氏 ㈱森山環境社長:細菌の特徴について

① 食品安全1日特訓研修
(発表予定者:佐々木、谷、山田、他1名)

中島
藤井



久田




藤井


佐々木

2、「月刊HACCP」記事投稿予定

テーマ 会員担当者
07年10月
   12月
08年 2月
   4月
当研究会の紹介記事
全国農業経営支援センターの紹介と活動事例紹介
事例Ⅰ(HACCP導入による安全な飲料水の製造)
事例Ⅱ
佐々木
中島
藤井
久田

3、「ISO22000認証取得事例」    2008年3月「ISOマネジメント誌」特集号・・・2007年12月末原稿締切 藤井

5.ISO22000マニュアル類作成スケジュール案

  1. 第1集用原稿・・・マニュアル規定類、2種類作成済(藤井)
  2. 第2集用原稿・・・平成17年12月までに作成済(藤井)
     内容 ⇒ (1)マニュアル(約30ページ)…食品加工メーカー(お茶)事例
          (2)規定・手順書類の一覧表と一部事例(5ページ程度)
      [ 平行して、マニュアル作成参加希望の先生方は22000の規格の勉強 ]
  3. 第3集用原稿・・・平成20年6月頃メド
     第2集のマニュアル・規定等参考に、マニュアル作成参加希望の各先生方に、次の分野別案の中で、希望の分野を担当していただきマニュアル規定集等作成

       <分野別案>
        (1)食品加工業 ① パン・菓子類製造
                   ② レストラン、セントラルキッチン
                   ③ 肉・惣菜・レトルト食品加工
        (2)生 産 物 ① 野菜
                   ② 果樹
                  ③ 畜産
        (3)食品流通業